2017-03-05

アジア最大の日本食レストランinマレーシア【新丸横丁・ARAGAN YOKOCHO】

こんばんは♪マレーシア海外で働く女性ブログ、須藤文です。アジア最大の日本食レストランがマレーシアに出来た!!?アジア最大とかアジアで一番の日本の〇〇となれば、お隣のシンガポール、もしくは、タイ、、でもアジア圏まで入っちゃうと、やっぱり中国、台湾、香港などをイメージちゃうのですが、マレーシアにアジアNo.1が出来たそうです!

噂を確かめるべく、「新丸(アラガン)横丁・ARAGAN YOKOCHO」に行ってきましたよー。場所は、Quill Cityモールというショッピングモール。最近、マレーシアのショッピングモールは増えすぎて、知らないところが多い。

ちなみに余談ですが、マレーシアでショッピングモールが新規オープンと言っても、テナントが全て入居して、全てのお店が一斉にオープンすることはまずないに等しい。オープン数年経っても、空き店舗があるのは日常茶飯事。またショッピングモールによって、集客力にかなり差が出る。マレーシアに限ったことではないと思うが、海外進出をする際に出店先のショッピングモールやロケーション選びは、とても重要だと思う。

また、建設中のショッピングモールへの出店の場合、いついつグランドオープン、、と、現地の人に急かされても、結局オープンが遅れる、そして蓋を開けたら、自分のお店と他数店舗のみオープン、、ということもあり得るのです。

話を戻して、アラガン横丁・ARAGAN YOKOCHO。春夏秋冬のテーマがあり、各テーマ毎に座席スペースが分かれている。入ってすぐのこちらは、春をイメージしたスペース。

そして、こちらは畳スペース。畳に馴染みのない現地人向けにうまく座席に配慮がされて、和室を表現してる。

こちらは、冬のスペース。個室になっていてプライパシーのある空間。

手前が夏のスペースで、奥のもみじの紅葉が見えるところが秋のスペース。

お店の中心部に、キッチンスペースが集中しており、それぞれのセクションで、お寿司、天ぷら、丼もの、串揚げ、デザートなどがつくられている。

こちらがセットメニュー。ランチはプロモーション価格でRM25(約700円)。

ディナーもセットメニューがあり、各RM36(約1000円)。

今回はランチセットの中から、ウィンターを頼んでみました。鶏なべとちらし寿司にデザートのセット。

そして、単品でお好み焼き。

2月にオープンしてまだ数週間ということで、正直あまり期待してなかったのですが、お鍋は手作りの味がして美味しかったし、ちらし寿司もお好み焼きも合格点。

オーダーは、手元のタッチパネルで、注文からお会計まで出来るようになっています。

入り口では、浴衣が用意してあって、無料で試着体験も可能。ローカルには嬉しいサービスですね!

ショッピングモール自体はKL市内中心部ですが、周辺住民はマレー人が多いようで、週末の客層はマレー系、インド系が目立ち、週末にしてはモール自体にお客さんが少なめな印象。平日のオフィス街の人の方が多いのかな?

通常マレーシアで日本食レストランを展開する場合は、チャイニーズをターゲットにすることが多いので、価格帯、ロケーションともに少しチャレンジングのように感じたが、こちらのスペースでの会社のパーティーや、日系のイベントなどにはぴったりのスペースかも!と、思いました。

LGフロアにあって、モノレールと直結しているのもいいですね!みなさま、ぜひ一度足を運んでみてくださいね♪

新丸横丁(ARAGAN YOKOCHO)
LG20, Quill City Mall,
Jalan Sultan Ismail, KL
営業時間: 11am-3pm, 5pm-10pm
公共交通:モノレールMedan Tuanku駅直結(Bukit Nanasの次)

 

アジア最大の日本食レストランinマレーシア【新丸横丁・ARAGAN YOKOCHO】” への4件のフィードバック

  1. Quill City Mall にこんなところができたのですね。こちらのショッピングモールの集客の牽引力になると良いですね。こんど、お好み焼きを食べに行ってみるかな。

コメントを残す