2018-01-09

都会のど真ん中で、常夏の鳥が間近で見られるクアラルンプールバードパークに行ってきた。

こんばんは!海外で働く日本人女性のブログ、マレーシア在住の須藤文です。先日、クアラルンプールのバードパークに娘を連れて行ってきました。っといってもまだ7ヶ月の娘なのでまだ動物とかよくわかってないのですが。クアラルンプールバードパークは、KLの中心地レイクガーデンのそばにあります。放し飼い状態で見られるバードパークの中では世界一の広さ!という敷地は全体的に大きくネットが張られており、3000羽の鳥たちを目の前で見る事ができます。

 

入り口から少し入ったところの水場では、魚が餌をもらっている横でなにやら怪しげな人影ならぬ、鳥影を発見。。っと、ここで衝撃的現場に遭遇!!このペリカン、この格好で何してると思いますか?・・・・わかった方早いですねー。なんと!!餌を食べに浮上してくる魚をねらっているのです!!そして、なんと!!水に飛び込んだかと思えば、一瞬のうちに大量の水とともに魚を丸飲み!!したと思われます。なんとも衝撃的。

 

何食わぬ顔で、人間には用がないので目もくれず、、どけどけっと我が物顔でお通りです。

 

続いて、クジャクに遭遇。このバードパーク内には、クジャクが多くいます。日本にいたらあまりお目にかかることはありませんが、マレーシアの気候が合っているのでしょうか。光沢のあるブルーとグリーンのグラデーションがきれい!そして、お尻から伸びる長い羽。前が短くて後ろが長い、私こんなワンピース持っていたのを思い出しましたw。

 

この鳥は、園内に多くいます。行きたい場所を告げたら「こっちだよ!」って嘴で方向を教えてくれたら面白いのに。。

 

おこぼれをもらえるのを待っています。売店近くで待機、アイスクリームとかココナッツウォーターの内側の果肉とかなんでも食べていた気がします。

 

フクロウさん♡ほとんどが寝ていました。かわいい。確かフクロウは夜行性でしたね。

 

そして、クジャクが羽を広げていました!ワーワー、なんだか得した気分!

 

餌場です。鳩をもう少し大きくした感じのきれいな色の鳥です。慎重な性格のようで人にはあまり近づきません。

 

とりあえず、鳥の餌はパパイヤ。

 

ダチョウ?

 

こっちがダチョウ?エミュー?

 

フラミンゴ、、ではなく、マレーシア原産のシロトキコウかな?一本足で寝たり、地面に座ったり、木陰で休んでいました。

 

餌のパパイヤを準備中。

 

撮影ブースでオウムやインコと撮影するカップル。

 

こちらは、バードショーの様子です。1日2回12:30と15:30にあります。

 

観客を巻き込んでのショーが行われます。

 

ということで、実はあまり期待してなかったバードパーク、意外と楽しめました!この日は年末年始期間だったせいか、観光客も多く賑わっていました。ネットで覆われてるといえ外空間なので、雨が降れば濡れますし、日差しも入ってきます。傘の準備や虫除け、日焼け止めが必要です。園内では、売店でお水やアイスクリームが売ってたり、併設のレストラン1軒、トイレにオムツ替えスペースもありました。園内出入口では、タクシーが待機しているので帰りの心配もありません。

 

【園内イベントスケジュール】

撮影ブース 9:30 – 17:30
インコ餌やり 10:00 – 17:00
ダチョウ餌やり 10:00 – 17:00
フリーフライバード餌やり 10:30
ホーンビル餌やり 11:30
バードショー 12:30 と 15:30
ワシ餌やり 14:30
シロトキコウ餌やり 16:00

入園料:大人RM67、子供RM45(3歳以下無料)(※MyKad保有者は、大人RM27、子供RM13)

ウエブサイト:www.klbirdpark.com/visitors_info

 

 

 

都会のど真ん中で、常夏の鳥が間近で見られるクアラルンプールバードパークに行ってきた。” への2件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます。観光スポット行きつくしてしまったり、お子様連れの方などにはいいと思います!

コメントを残す