2018-11-07

就労ビザでHSBCプレミア口座を開設

先日、就労ビザでHSBCプレミア口座を開設したいというお問い合わせをいただきました。マレーシアHSBCプレミアの人気の理由の一つとして、マレーシアの長期滞在ビザであるMM2Hビザに必要な預託金を組む際に、事前にマレーシアに渡航することなく、日本にいながら口座開設が可能だからということがあります。もちろん、就労ビザでプレミア口座開設も可能です。

HSBCプレミアのメリット・デメリット

・マレーシアの最低預金額は他国に比べて安い

プレミア開設条件である最低預金額は、マレーシアの場合20万リンギ(約550万円)です。その他主な国の最低預金額は、下記の通りです。

HSBCシンガポール 20万シンガポールドル(約1650万円)、
HSBC香港 100万香港ドル(約1500万円)
HSBCフィリピン 400万フィリピンペソ(約860万円)
HSBCインドネシア 5.25億ルピア(約400万円)
HSBC中国 50万人民元(約820万円)

・HSBCプレミア口座を一つ保有していれば、他国で最低預金額関係無しに、プレミア口座の開設が可能

とはいえ、その国の住所が必要だったり、各国それぞれ事情が違うようです、、

・HSBC口座間の送金手数料が無料

・デメリットは、国内のATM数が少ない

例えば、MM2Hビザ用にHSBCプレミアを開設した場合、開設の際はスムーズで良いのですが、実際現地に住んで日常的な出金に使おうと思った時、ATM数が限られるので、普段使いにはあまり向かないかもしれません。

マレーシアHSBCプレミア口座開設条件

条件は、下記のいずれか1つに該当すること。

1、HSBC銀行で月額RM15,000以上の給与口座として

2、RM20万以上の預金(定期預金や金融投資なども含む)を積む

3、Rm100万以上の不動産ローンを組む

4、他国でプレミア口座を既に開設済み

 

口座開設に必要書類

地場銀行と比べ、必要書類が若干多いですが、事前準備をし、銀行にアポを入れておくことで、半日もあればその場で開設、ATMカードやトークンなどももらえます。

 

 

 

コメントを残す