2018-09-27

マレーシア携帯キャリアを乗り換え(MNP)、マキシスからセルコムへ。

今まで不自由なくマキシスを使っていたのですが、携帯を新調したのを機に、SIMの交換が必要だったので通信会社も変えてみました。マレーシアでは、手軽に無料で他社への乗り換えが可能です。

 

マレーシアの大手通信会社は4つ

マレーシアの大手携帯通信会社は、マキシス(Maxis)、セルコム(Celcom)、ディジ(Digi)、ユーモバイル(U-mobile)の4社です。マキシスとセルコムは、KL市内は電波が安定していて使いやすいです。Digiは、地下やビルが多く立ち並んでいる場所は電波が弱かった記憶があります(3年前のことなので改善してるかもしれませんが、、)、ユーモバイルは比較的新規参入で、以前ポケットWifiを使ったことがありますが、安いなりに電波も不安定なことがありました。

 

セルコム店舗でMNP手続き

手続きに必要なものは、パスポートのみ。受付で番号を受け取り、カウンターで乗り換えの旨を伝えると、所要時間5-10分程度ですぐ手続きをしてくれます。その場でセルコムのSIMを無料でもらえます。SIMの差し替えのタイミングは、「マキシスからのショートメッセージに「YES」と返信をし、マキシスからの回線が無効になってから」と言われました。

すると、すぐにショートメッセージが届きました。

よく読まずに「YES」と返信しましたが、読み返したら、セルコムからのショートメッセージで、「今使ってるプロバイダーからSMSが来るから、それに「YES」or「Y」と返信してね」、という内容でした。

 

マキシスからの連絡待ち

セルコムの店舗に行ったのが15時頃で、マキシスからのショートメッセージを受け取ったのが同日19時半。早速「YES」と返信すると、すぐに「確認をありがとう!」と自動返信がありました。あとは、マキシスの電波が消えるのを待ちます。

 

 

マキシスからの回線解約待ち

なかなか、電波が無効にならない、、、セルコムが、ショートメッセージを送ってきました「マキシスの返答遅いねー」。マキシスは遅いんだ、と言われるがままにマキシスに連絡。夜カスタマーサポートが出るはずもなく、翌朝再度電話することに。

 

翌朝になっても無効にならなかったので、朝9時にマキシスに電話。すると、「今、審査中だから12時半になっても電波が無効にならなかったら、また電話ちょうだい」と言われました。すると、11時45分!!気付いたら、圏外になってました。

 

 

急いでSIMを差し替えると、、、無事にCelcomの電波に切り替わりました!

 

乗り換えの際の注意事項

 

・SIMの差し替えのタイミングは、マキシス次第なので、プリペイドSIMの場合、残高をどれくらい残しておくか難しい。

・使っていたキャリアに残っている残高やデータは引き継げません。

・他社へ乗り換えの際に、RM1が掛かるようなので、最低残高Rm1は残しておく。

・今回、乗り換えにかかった時間は、15時にセルコムで申請をして、翌日の昼に乗り換え完了。

 

マレーシアでの生活サポート承っております。お困りのことがございましたら、お気軽にコンタクトフォームよりお問い合わせください。

 

 

マレーシア携帯キャリアを乗り換え(MNP)、マキシスからセルコムへ。” への2件のフィードバック

  1. セレコムがマキシスよりも低価格の様な気がするので、携帯キャリアの変更を考えているんです。変更する際に参考にさせていただきます。

    1. コメントありがとうございます。私もセレコムはマキシスより若干安いような気はします。が、プロモーションなどを考えるとあまり変わらないような気もしますね。近々、各支社携帯料金の見直しがあると噂を聞きましたので、それを待つのも良さそうです。

コメントを残す