2016-06-30

マレーシアセランゴール州のトップセールスマン

こんばんは!海外で仕事する女性ブログ、マレーシア在住の須藤文です。今日で2016年も半分が終わりです。思うように進まないこともいーっぱい有るけれど、

苦労をしたほうが学びが多い(=成功からは学べない、失敗から学ぶ)とか、
トーマスエジソンの名言「一万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」とか、
昔、祖父に言われた「若いうちに苦労をしなさい」とか、

思い出し、日々一歩一歩、もしくは、一歩進んで二歩下がる時もありながら、焦らずゆっくり前進できればいいのかな、と自分に言い聞かせています。

さて、数週間前マレーシアのセランゴール州の州投資局の方とお会いする機会がありました。

セランゴール州ってどこ?と思われる方も多いかと思いますが、クアラルンプール市に隣接している州です。クアラルンプール市とそれに隣接したセランゴール州の都市を合わせ、クアラルンプール首都圏(クランバレーやグレーターKL)と呼ばれています。

人口は、クアラルンプール市のみだと170万人(2015年/wiki)、クアラルンプール首都圏は720万人(2013年/wiki)、2020年には首都圏1000万人へと増加見込みだそうです。ちなみに東京都の人口は1350万人(2016年/国勢調査)となっています。

考えれば当たり前の話なのですが、企業には営業パーソンがいますが、州政府も海外からの投資を呼び込むために営業活動をしているのです。日本だと、知事がトップセールスで海外で観光PR、農産物PR!などと耳にしますが、セランゴール州も同じで、海外訪問をよくされているそうです。

セランゴール州は、クアラルンプール市に隣接し、港もあり、郊外には工場や企業、またベットタウンのエリアでもあります。現在は、eコマース事業を始めとするIT企業の誘致にも積極的で、弊社がIT企業と知ると、日本のIT企業には会ったことないと非常に喜んでいただきました。

弊社はちなみにセランゴール州にあり、立地的に便利で気にいっています。

また、流暢に英語と中国語を操り、ユーモアを交えながら観客を惹きつけるスピーチには圧巻でした。おじさまでもカンペなしのバイリンガルです。

出会いに感謝するとともに、自分も英語と中国語のブラッシュアップを図らなければと改めて思った夜でした。

マレーシアセランゴール州のトップセールスマン” への3件のフィードバック

  1. Selangor state is promote *invest selangor* as hub of Malaysia, it’s good choose👍👍👍👍👍👍👍👍

  2. セランゴール魅力的ですが、スーツ姿の須藤さんも魅力的ですね。😄

コメントを残す