2018-04-08

マレーシアで最初で最後のUber Eatsでデリバリー注文!

 

Uberからのアナウンスの通り、4月8日にUberがマレーシア(及び東南アジア)から撤退となり、Grabに吸収合併されます。Uber Eatsも同様、5月中にGrabFoodという名前に切り替わるようです。そんなこととは知らず、先日UberEatsを使ってみたので、レビューを残しておきたいと思います。

KLのフードデリバリーといえば、foodpandaを始め、UberEats (今後はGrabFood)、dahmakanなど、他にも複数あるようです。以前にフードパンダでデリバリー注文をした際、散々待たされた挙句に、レストランからオーダーキャンセルを食う!という苦い経験をしまして、今回はUber Eatsで再チャレンジしてみた、というわけです。

レストラン選択

アプリは分かりやすく、シンプルです。ダウンロードをして、各種設定、お届け先を決めると、周辺エリアでオーダーできるレストランが自動的に表示されます。その中から食べたいものを選ぶわけですが、今回選んだのは、Super Saigonというベトナム料理のレストランです。

 

料理の注文

フォーは好きだけど、なかなか食べに行く機会がなかったベトナム料理。ここは、レビューが200以上あって★4.5なので、信頼できそうです。注文したのは、スペシャルビーフコンビネーションフォー(RM19.90)とアボカドスムージー。クリック2回で料理がカートに追加されていきます。

 

お会計と配達

お会計へ進みました。配送先を確認すると、玄関先まで持ってきてくれて、25〜35分で配達してくれるようです。(しかし、配達してもらって分かったことですが、私の住んでいるコンドは、玄関先まで持ってきてくれず、ロビーまで取りに行く必要がありました。コンドによって違うようです。)

 

お会計が済むと、到着予定時刻が表示されました。レストランに注文が伝わったようです。この日は、週末の夕方。夕食時に混んで時間がかかるのを避ける為に早めにオーダーしてみました。オーダーは、日時を指定して配達も可能のようです。

しばらくすると、デリバリーのバイクの位置とドライバーの詳細が出てきました。まるで、ゲーム画面を見ている感覚ですw。

 

到着

予定時刻よりちょっと遅れて、携帯電話が鳴りました。ドライバーさんからの電話で、到着したのでロビーに取りに来て欲しい、と。温かいものは温かく、スムージーもなんとかちょっと冷たいくらいで、到着しました。

かかった費用

フォーとスムージーを頼んで、RM34.80(今のレートで約960円)。そのうち、デリバリー費は、たったのRM5(約140円)!!日本のデリバリーと比較すると安いですし、デリバリー費用をたったのRM5でしてもらえると思うとお得!ですが、トータルコストは若干割高に感じました。支払いは、現金は選べず、カードのみの扱いでした。

感想

料理は美味しかったし、注文も手軽に1時間以内に到着したので、忙しい時や料理作るのめんどくさい時には、とても便利だと思います。次回はGrabfoodもしくは、Foodpandaでまたチャレンジしてみたいと思います。

 

Grab初回利用プロモコードRM10Off

マレーシアの配車アプリは、今後はGrabをダウンロード。初回利用2回にRM10offになるプロモコードは「GRAB4W」です。まだの方は是非使ってみてくださいね。

 

 

マレーシアで最初で最後のUber Eatsでデリバリー注文!” への1件のフィードバック

  1. マレーシアで車を持っていないので、夜どうしても食べたくても食べに行くのが面倒な時に便利だなと感じました!情報ありがとうございます♪

コメントを残す