2018-01-02

マレーシアの路上駐車の支払方法・スクラッチ式パーキングクーポン編

海外で働く日本人女性のブログ、マレーシア在住の須藤文です。マレーシアの路上駐車場は、機械で支払いを済ませる場合と、スクラッチ式のパーキングクーポンを使用する場合があります。今日は、後者の場合をみていきたいと思います。マレーシアでは特にローカルエリアなどは路上駐車場に車と停めることがあります。ダブルパーキングも日常茶飯事、無造作に車が駐車してあると思いきや、うっかりすると違反切符を切られるので注意が必要です。

かく言う私も、よーくチケットを切られて罰金を払うともしばしば。この路上駐車ルールとショッピングモールで満車時に駐車場を探す洞察力と感は、長年の経験が必要だと思っています。さてまず、大前提に路上駐車場では、白線で駐車スペースが引かれてないところには止めないこと。同乗者が車に乗っている場合は大丈夫ですが、ちょっと5分10分のつもりがどこからともなくサマンが目を光らせて違反切符を切りにきますので。

また、枠の中に止めてあっても、場所によって休日無料だったり、単に支払ってない車もありますが、路上駐車料金は、1時間で60セント(18円)。私は駐禁を最低でRM30〜最高ではRM100払ったことがありますので、それを考えると、手間ですが、支払いをしていたほうが賢明です。

 

さて、駐車をしたら、まず周りの車がどう支払いをしてるかチェックしてみましょう。駐車料金を支払う機械がなかったり、お隣の車のフロントガラスにスクラッチ式の駐車券が置いてあったりしたら、パーキングクーポンが必要になってきます。パーキングクーポンは、近くの個人商店やコンビニなどで購入できます。そのままパーキングクーポンを何枚、と言えば通じると思います。

上記は、Petaling Jayaエリアで使えるパーキングクーポン10枚綴りです。1セットで6リンギ、1枚当たり0.6セントです。地域エリアによって色分けされています。駐車エリアがPJであれば、KLのクーポンなどは使えません。有効期限は2年くらいあり、1枚ずつの購入が可能です。停める予定時間分の枚数を購入しましょう。

 

スクラッチの方法です。ここでは、2017年12月29日11時45分に駐車しました。
まずは「YEAR(年)」のところで『17』を削ります。次に「MONTH(月)」で『12』、「DAY(日)」で『29』。
続いて、「HOUR(時)」で『11』、「MINUTE(分)」で『45』です。このチケットで、12時45分まで駐車可能です。

1時間では戻って来れないかなーという場合は、2枚スクラッチして、2時間分置いておきましょう。私は時間をオーバーしてて駐禁切られたこともあります。これでスクラッチ式の駐車代金の支払いはバッチリですね♪

 

 

マレーシアの路上駐車の支払方法・スクラッチ式パーキングクーポン編” への2件のフィードバック

  1. あぁ、ペタリンジャヤ、駐車クーポンに変わったのニュースで見たこと、てっきり忘れていました。。。

    1. コメントありがとうございます。PJエリアは、駐車クーポン使うところ多くなってました。情報ありがとうございます。

コメントを残す