2016-05-15

世界最古のジャングル・マレーシアのタマンネガラ国立公園ツアー

Taman-Negara

海外で働く女性ブログ、マレーシア在住の須藤文です。さて、マレーシアと聞けば、南国、ビーチ、屋台など、、が思い浮かびますが、世界最古クラスのジャングルがあるのをご存知でしょうか。約1.3億年前(!!)から続く熱帯雨林ジャングル「Taman Negara タマンネガラ国立公園」です。

世界クラスのジャングルがすぐ近くにあると聞けば、行くしかありません。5月はマレーシアもLabor Day(労働節)の3連休があったので、早速実行。マレーシアは、近くに海あり、高原やジャングルもあり、車はガソリン代約50円/L、国内移動に飛行機乗っても往復1万円前後、東南アジアの国に行くにもハブとして、便利ですね。

Taman-negara-ikikata

クアラルンプールからタマンネガラの入り口(Kuala Tahan)までは、片道250km、約4時間です。KLからパハン州のKuala Tembeling Jettyまで陸路移動し、Kuala Tembeling JettyからボートでKuala Tahanへ行く場合は、KL – Kuala Tembeling間が約3〜3.5時間、その後のボート移動に約3時間です。

今回は、タマンネガラのジャングルツアーでヘトヘトになることを見越し、バス移動、ホテル、食事、アクティビティ込みのフルパッケージツアーにしました。

2泊3日で、ナイトジャングルウォーク、世界最長のキャノピーウォーク(吊り橋)、タマンネガラトレッキング、先住民族の村への訪問など盛りだくさん。お世話になった旅行会社は、NKS  Hotel & Travel  です。

1日目、朝7:30にチャイナタウンにあるHotel Mandarin Pacificに集合。受付を済ませます。

早速、アクシデント発生。8:30に出発予定のバスが、なんとバスのエンジンを盗まれたとかで、出発2時間遅れ。

2時間後、何とか無事出発し、Jerantutという町にあるNKSカフェに到着。

NKSカフェでは、ツアー内容の確認、カメラ持ち込み手数料の支払いやランチを済ませます。

ここで、さらなる衝撃事実発覚!エルニーニョ現象でパハン川の水位が著しく低下しているため、本来なら、ここから、タマンネガラまでボートで行く予定が、急遽このままバス移動に。

パームヤシのプランテーションを見ながら、一本道を進みます。ボート(3時間)の遊覧予定が、陸路バス(1時間)に変更したため、遅れを取り戻し、予定時刻17:00頃到着しホテルへチェックイン。

ホテルは幾つか選べますが、今回Rein Forest Resortに泊まりました。バス停留所からホテルまでは15分ほど歩くので、バス到着後、旅行会社の人にホテル名を告げて、ホテルの車を呼びましょう。(滞在中、基本的にホテルと中心地の間は送迎してくれます。)

夜ご飯は、川沿いにあるフローティングレストランで食事です。ジャジャーン。

渇水で、フローティングしているはずがフローティングしてない?笑。
セルフサービスのビュッフェを食べた後は、ナイトジャングルウォークへ。

蛇が木道の上の木で寝てました。落ちてきてらヒャー

こちらは怪我を負ったマレーバク。手当てをし、森に戻したのだけど、帰ってきてしまうそうで、ホテルの敷地内で寝ていました。そのほか、ナイトジャングルウォークでは、鳥や野生の鹿、昆虫などを見ることができました。

2日目の翌日。朝食をとった後、先住民族の暮らす村Orang Asliに向かいました。

彼らは今でも竪穴住居に暮らし、山で採れたものを食べているそうです。ガスはありませんので、道具を使い火をおこします。また、彼らはストレスに弱いそうで、ここでのんびりとした生活が合っているのだそうです。なんだか、食べて寝るという欲求を満たす人間の原点を見たような気がしました。

こちらは、今回2日間ガイドをしてくれたアンジーさん。ガイド歴20年以上のベテランで、タマンネガラのガイドの中では、唯一の女性です。とても親切に優しくなんでも教えてくれます。

さて、午後は今回の旅のハイライト。タマンネガラ国立公園のトレッキングと、世界最長の吊り橋、キャノピーウォークを体験しました。

吊り橋は、バランス感覚が大切。
Taman-negara-canopy-walk

taman-negara-canopy-walk1

キャノピーウォークの後は、タハン山が望めるTeresekヒルを目指します。

Taman-negara-trekking

bukit-teresek

づいた〜。疲れ顔は、サングラスでカバー。目標はいずれキナバル山?普段の運動不足をヒシヒシと感じました。

夜は、歩かなくて良い4WDでのナイトジャングルツアーに別途申し込み。ベンガルヤマネコ、ドリアンで有名なムサンキング(猫山王)、フクロウなどが見れましたよ。

雨上がりだと、動物との遭遇率も高くなり、運が良ければゾウや虎も見れるとか?!

 

 

世界最古のジャングル・マレーシアのタマンネガラ国立公園ツアー” への6件のフィードバック

  1. マレーシアというと海をイメージしがちですけど、実はジャングルが魅力的なんですよね。ジャングルの中にホテルを建てたいと考えています。

    1. コメントいただきありがとうございます。ジャングルの中にホテル素敵ですね!マレーシアのホテルはまだまだこれから伸びるでしょうし、楽しみです。

  2. Taman Negaraずっと気になってました。良いですね!! 私も行きたいです。 こういう自然がたくさんあるのはマレーシアの長所の一つだと思いますー

    1. Minakomさん、コメントありがとうございます!タマンネガラぜひ行ってみてください♪マレーシアの自然が多いところ私も気に入っています(^^)

コメントを残す