2019-07-04

配車アプリGrabポイントの利用方法

2019年も半年が過ぎましたね。あっという間に月日が過ぎ、来年の東京オリンピックまでいよいよ1年となってきました。私自身2019年前半は色々な変化があり、バタバタ、モヤモヤ、決断、ブログ更新頻度もめっきり減ってしまって、、そんな中でも日々さまざまなお問い合わせをいただき嬉しい限りです!

さて、今日の本題Grabポイントの利用方法です。ある日ふとGrabからのメッセージが目に止まりました。内容を確認すると、ポイントが6月30日で失効する、との事。昨年はGrabタクシーの利用頻度が高く、知らないうちに意外とポイントがたまっていました。失効するポイントは1000ポイント以上。マレーシアのポイントは、還元率が悪いし、ポイントの使い道も欲しいものがないので、今まであまり気に留めてませんでした。

よくよく見ると、実は昨年末にも1000ポイント以上失効していました。今回こそは何か使えないかと思い、ポイント交換してみましたので、その手順をシェアしたいと思います。

Grabアプリのポイント確認方法

①Grabのアプリを開いたトップ画面です。右下の「Account」と開くと、②のように自分の保有ポイントを確認することができます。現在のポイント数は、1356ポイント。その下に小さく1035ポイントが6月30日で失効すると書かれています。

次に、ポイント交換対象商品を見ていきたいと思います。最初の画面①に戻り、「Rewards」をタップ。すると交換先リスト③が出てきます。

Grabポイントで交換できる対象商品

GrabタクシーRM10クーポンは、1180ポイントで交換可能。その他、スターバックスRM5オフは、600ポイント。GrabフードのオーダーRM5オフは、キャンペーンで350ポイント、空港のプラザプレミアムラウンジはポイントは必要なく現地でRM130支払いでラウンジパスが手に入るなど。

今のところ種類・数ともすごく多いわけではありません。GrabタクシーやGrabフード始め、レストラン、カフェはスタバの他に、コーヒービーンやTea Live、飲食系が多く、その他意外なところではセフォラなどもありました。

おそらく、Grabを含むモバイル決済系アプリは、顧客囲い込みのために、加盟店獲得に力を入れてるでしょう。今後加盟店がたくさん増えていくことに期待大です。

ポイント交換方法

今回は、Grabタクシーを利用する予定があったので、Grab RM10オフに交換しました。前出の③でRM10をタップすると下の画面に切り替わります。RM10オフクーポンは有効期限は2019年12月31日まで。ポイント交換期限と、クーポンの利用期限は異なりますので、期限間近のポイントはとりあえず交換しておけばOKということになります。

交換したクーポンの使い方

④Grabタクシーでクーポンを使用する際は、通常に呼ぶのと同様に、出発地と目的地を入力します。次に、「(1)Promo」をタップすると、⑤保有しているクーポンが表示されます。「Use Now」をタップすると適用になります。④の画面に戻ってGrabを呼びます。⑥の画面では、RM10オフが適用になり、運賃がRM2であると表示されました。

まとめ

1、ポイント失効は年に2回、6月と12月です。6月に失効するのは、前年12月までのポイント、12月に失効するのは、同年6月までのポイントのようです。

2、ポイントの有効期限と、クーポン利用期限は異なりますので、ポイント失効前にとりあえず、交換しておくことができます。クーポンの利用期限は、それぞれ異なりますので、クーポンの詳細画面をよく確認することが必要です。

3、クーポン使用条件は、地域限定されていたり、特定のショッピングモールに入っている店舗では使用できなかったり、曜日限定だったりするケースもあります。これもクーポンの詳細画面をよく確認しておくことが必要です。

4、一度クーポンを交換してしまうと、取り消しや交換ができません。交換前によく確認をしましょう。

次回は、マレーシアでも最近増えているモバイル決済の一つ「Grab ペイ」を使ってみたので、その使い方をシェアしたいと思います。

コメントを残す