2019-03-09

LINE OUT (ラインアウト)海外から日本の固定電話に格安で電話する

LINEなどを使って、アプリ同士の無料通話が可能になってから、国際電話がとても身近になりました。数年前までは、無料音声通話といえば、スカイプが主流だったと思いますが、相手もオンライン時のみに限ってアプリ上で無料通話ができるというシステムなので、事前に相手とスカイプ時間の待ち合わせが必要で、少し不便でした。

今やLINEは、一般電話と変わらず、掛けたい時に相手を呼び出せますし、ビデオ通話も比較的安定してます。日本にいる家族と電話するのに非常に重宝しています。そして、最近知った便利な機能がLINE OUT(ラインアウト)!!ラインアウトとしては2015年から(Line電話という名称ではもっと前から)運用されているようですが、皆さんご存知でしたか???

マレーシアから日本の固定電話にかける場合、1分3円〜

私の場合、海外から日本の固定電話に電話をする機会が年に数回あります。役所、病院、航空会社、カスタマーサポートなど。現地の携帯キャリアから日本への国際電話も、昔に比べればだいぶ安くはなりましたが、特に電話の待ち時間が長くなりがちなカスタマーセンターなどへは、できるだけ安くすませたいものです。また、海外旅行へ行った際には、保険やクレジットカード会社などへ、緊急で日本に電話をしなければならない場合も出てくるかと思います。

ラインアウトは、マレーシアから日本の固定電話にかけた場合、なんと毎分RM0.1(約3円)です!!スカイプは、毎分2円(固定電話)〜+接続料5円です。

ラインアウト のプリペイド最低購入金額は120円〜

電話をかけるために事前購入するプリペイドの最低購入金額は、スカイプクレジットの場合1200円(US$10)〜ですが、ラインアウトは、なんと120円(US$1.10)〜。両方クレジットの有効期限はないものの、スカイプクレジットは、180日間使用しないと残高が無効になってしまいます。現に、私はスカイプクレジットの残高が残っていたものの(5−6年延長に延長を繰り返し、、)、去年うっかり180日使わずにログインすら忘れていたので、残高が0になってしまいました。。(180日に一回使えば、繰り返し延長可)。ラインクレジットも1年以上使用してないアカウントの場合は、残高が無効になるようですが、ラインで1年も使用しないアカウントというケースはあまりないでしょう。

ラインアウトの使い方

それでは、ラインアウトの使い方を見ていきたいと思います!①まず、ラインを開いたら、一番下のメニューボタンの通話をタップ→ ②すると、通話画面になります。一番左上の点々マークをタップ→ ③ラインアウトのコール画面になります。初めてラインアウトを利用される場合は、クレジット残高がゼロだと思いますので、左下の©マークをタップしてクレジットを購入します。

クレジットを購入

④クレジットの購入画面になりました。ラインアプリからは、100クレジット(120円)しか購入できないようですが、ラインストアでは、1200円〜6000円までクレジットの購入が可能です。→⑤確認画面、OKをタップ→ ⑥iPhoneの場合は、App Storeに繋がり、パスワードも若くは、指紋認証で手続きを進めます。

⑦アップルストアでクレジットカードを使ったことがなかったので、確認を求められました→ ⑧支払情報の更新をし、再度手続き。無事100クレジット(120円)購入。ちゃんとチャージされました。→ ⑨国選択、電話番号を入力すると、毎分あたりの金額が表示されました。マレーシアから日本の固定電話にかけた場合は、RM0.1(3クレジット)。100クレジット購入したので、計算上は33分通話ができる見込みです。


今回は、航空会社に電話をしたのですが、7分間の通話でRM0.77(約21円….?)24クレジットでした。24クレジットから、通話料を割り出すと、7分で約30円となりました。(1分あたりにすると4.28円!)為替変動などでちょっと前後するのかな。。それでもとても安い通話料で済みました!

ラインアウトは、広告を見ると無料通話ができる「Line Out Free」という機能もあるそうです。

LINE OUT (ラインアウト)海外から日本の固定電話に格安で電話する” への1件のフィードバック

  1. マレーシアでビジネスをしているのですが、時折、日本へ国際電話をする必要があります。仕事だから仕方ないと携帯電話から国際電話をしていたのですが、ラインアウトってお手頃な費用で国際電話できるのですね。いつもブログ記事、参考にさせて頂いております♪

コメントを残す